赤裸々ぶっちゃけ:誕生日にお尻の穴をやられちゃったお話

誕生日にお尻の穴をやられちゃったお話です。

24時を回って1つ歳を取り、おふとんの中に入っている時にそいつはやってきました。

「あれれ、お尻が痛いな・・」
急に今まで感じたことの無い違和感がお尻を襲いました。試しに触ってみると肛門の辺りが腫れている。
なんだこれは、日付が変わる前まではこんな膨らみはなかったのに。

実物を把握する為に鏡で見てみようと思いました。
場所が場所だけに姿見の前でM字開脚のポーズをとってみることに。
28歳になって一番最初にしたのが鏡の前で一人M字開脚ってなんなんだよ。

やっぱり腫れてる。と、言うより肛門から何か腫れものが出てきているような感じでした。大きさで言うと、ちんちん袋の半分くらいでした。大きさで言うと、ちんちん袋の半分くらいでした。大事なことだから2回言いました。

とりあえず状況は理解できた。恐らくこれは、「痔」なんだろうなと。
今まで1度も罹ったことがなかったのになんで急にこのタイミングで。とんだ神様からの誕生日プレゼントである。

とにかく歩いたり、寝返りをうったり、下半身を使う動きをすると痛む。
ただ横になってるだけでも痛みが走り、結局夜明けまで一睡もできませんでした。

激痛を乗り越え、なんとか朝を迎えて最寄の肛門科へ。
余談ですが僕は新宿の三丁目付近に住んでいます。
お兄さんのことを好きなお兄さんが沢山いらっしゃるところなので、肛門科もすぐ近くにあるかなと思ったのですが隣駅まで行かないとありませんでした。邪推でした。
家の近くにいつでも飛び込める病院があるか、ちゃんと調べておけばよかったなと痛感しました。

そして人生初の肛門科に入ります。症状を先生に説明すると「腫れ痔」と診断されました。
とりあえずは薬を注入すれば腫れは引くらしいので、カーテンの向こうのベッドに通されパンツを脱ぎます。

「じゃあ中に入れていきますね~」と、指でぐいぐい痔を肛門の中へ押し戻していく先生。なんとも形容しがたい激痛が走ります。
「う”~」とか「あ”~」などの声が思わず漏れます。28歳男です。
女性が男性器を挿入された時に気持ち良くなくても声が出るという話を聞いたことありますが、ちょっとだけその気持ちがわかったかもしれません。ちなみに全く気持ち良くありません。
3分程の攻防が続いたでしょうか。「じゃあ次お薬入れますねー、ちょっと変な感じだけど我慢してね~」と更なる試練を繰り出してくる先生。浣腸がお尻に入るのも人生初です。
肛門に入れた時はちょっと痛みますが、入って薬を注入されてからはそんなに痛くはなかったです。でもにゅるにゅるとしたものが入ってくるので決して気分の良いものではありませんでした。

また余談ですが、締まりが良い女性の性器を「名器」と呼び、それの男性器バージョンを「名門」と呼ぶことがあります。
名門と呼ばれるには根元の締まりがきつく、中はふんわりしていることが条件なんだとか。男性がバックの体勢になった時に、両足とお尻の形が「門」に見えることからこの名前が付いたそうです。
いずれにしてもそちらの世界にはお世話にならずに一生を終えたいなあと思いながら浣腸の試練も乗り越えたのでした。

施術が終わると前よりかは痛みが引いた気がしました。
あまり症状が進行していなかったので今回は飲み薬と浣腸だけで治療をしましたが、酷い場合は手術にも至ることがあるそうです。

痔の主な原因は、
・疲れ
・ストレス
・長時間同じ体勢で座る
・シャワーだけで湯船に浸からない(血行が悪くなる)
等、大きく4つの要因があるそうです。

僕は上記全てに当てはまっていました。そしてそれがたまたまタイミング良く(悪く)同じ時期に重なって、一気にお尻の毛細血管から痔になって外に出てきたようです。

仕事ばかりし過ぎずにこまめに休憩を取る。
デスクワークなのであれば休み時間に散歩をしてみたりする。
普段シャワーだけなら週に1回でもいいのでお湯を湯船をはってお風呂に入る。
これだけでだいぶ症状が改善されて予防にもなるみたいなので皆さんも試してみてくださいね。

最後に先生に「あの、実は僕、今日誕生日なんです」と言うと、「あっはっはっは~そいつはとんだ誕生日だったね~」と笑う先生。いやいや、ほんと笑うしかないよ。

結局家に帰った後も横になっていることしかできず、痔の痛みと戦いながら1日を過ごすことになりました。
ちなみに食欲はほとんど無かったので食事は水分くらいしか口にしませんでした。お尻が完治したのは5日後くらいのことです。

ほんと、笑うしかない、いや、笑えない誕生日を痔と共に過ごしたお話でした。

皆さんも、お尻の穴を狙われないように気を付けてくださいね。

今回は男性からの寄稿をいただきました。久々の男性目線です。
皆さんもお尻は大事にしましょうね。
そんな秋さんのTwitterはこちら