赤裸々ぶっちゃけ:海外で生理きたらどうしよう!?

 
 
 女の子であれば毎月来るあれが、海外旅行中にきたら・・・・・・。
 ピルを飲んでいる方であれば、旅行に被らないように調節しちゃうと楽ですが、大体の人はピルを飲んでいないと思うので今回はそんな人向けにちょこっと書きたいと思います。

 今回取り扱う国は、イタリア・スペイン・フランスです。別に計算してやったわけじゃないけど、何故か南欧になった罠。

+イタリア
 まずスペック。母子ともに挨拶程度の英語力。はす子はそれに+して挨拶程度のイタリア語力
 そんな二人で一週間でイタリア一周しちゃうツアーに参加した際に、案の定生理になったはす子です。なるかもなぁと思って一応生理用品は持って行ったんだすが、まるで足りず。こういうときって無駄に出血量が多かったりして、買うまではトイレットペーパーをパンツの上に敷いてどうにか乗り切ってました。
 ツアーだったので自由時間も少なく、何より観光地巡りなので周りにそう言ったものを売ってる場所が少なく苦労しました。とりあえずパーキングエリア的なところで探すも見つからず。聞くにもイタリア語分からず・・・・・・。ツアーの添乗員さんに相談して見つけてもらいました。付け心地は日本のやつの方がよかったかなぁ。普通に個装されてました。
 パーキングエリアで購入したのも底をつきそうになり、トレビの泉の近くの薬局で新たに購入することにしたのですが、母が「ママが買ってくるから、あんたは写真撮ってて良いわよ!」と、珍しく(本当に珍しく)気を使ってくれたので写真撮ってました。そしたら何かぷりぷりして戻ってきました。

「買えんかったと?」
「買えたけど、あんたが出血量多いって言うから、moreってやって大きいの出してもらったんだけど、店員さんがめちゃくちゃかっこよくて、こんなおばさんでもまだ生理あるんだって思われたらあんたの所為よ!」
「・・・・・・うん、それはごめん」
「もう! ジェラート一口!」
「はい。ありがとうございました」

と、こんなやりとりがあったわけです。ごめんよおかん・・・・・・。でもそろそろ自分のことママって呼ぶのやめたらどなん・・・・・・。
そのイケメンわたしも見たかった!
 以上がイタリアでの出来事でした。写真無くてごめんなさいorz

+スペイン
 スペインはそこかしこに日本で言うコンビニ的なところがあって、そこにも売ってるしスーパーにも売ってました。そして安い。大体2ユーロだせば買えます。写真の大きいやつと、箱に入ってるやつ(下記参照)はまとめて2.68ユーロ。日本円にすると400円しない計算。ただ、はす子が買ったところでは中間の大きさが売ってませんでした。大きいのもそれしかなく、中間の大きさ欲しいんだけどなぁと売り場の前をうろうろしてました。こちらの方はタンポンが主流なのかもしれません。タンポンは色んな種類売ってました。

 二つの

箱の

 そして、買って帰って開けてビックリ。日本のものように個装されているものだと思ったら生身のまんま入ってました。宿泊先に置いておく分には良いけど、持ち歩きは!? 持ち歩きはどうするの!? ってなってもう一度買いに行きました。
 個装されているやつは全体的にお高めで、大体日本で200円くらいで買えるのが倍の値段してました。しかし背に腹はかえられぬと一番安い持ち歩ける個装されているのを購入。可愛かったです。

個装の

+フランス
 コラムを書いてくれてるtomちゃんから情報をいただいて書いております。
 tomちゃん曰く、一番でっかいハイパーマーケットで買ったけど、スーパーレベルでも売っているらしいです。それ以上小さいところでも売っているとは思うけど行ったことないから分からないとコメントをいただきました。
 フランスの生理用品は包まれておらず、生身のまま袋詰めされておらず、裏面にテープ貼ってあっておわりだそうです。付け心地は悪くなく中々フィットしてくれるけれど、サイズがあまりなくて大きいのは少ないそうです。小さいのは種類あるけど、タンポンが主流なのかもとのことで、スペインもフランスもタンポンが一般的なのやもしれません。

とむの

 海外で生理になっても、国籍問わずで女の子であれば生理が来るのでとりあえずは大丈夫です。大体スーパーに行けばどこにでも売ってるようです。あと、薬局にも置いてるはず・・・・・・!
 短期の旅行であればその時だけピル飲んでずらしちゃうっていうのもありです。