Can you master babe?〜オナニーの話3〜

みんなー!ガマンしてっか?

はい、と言う事でNoFap生活の続きです。
現在、一ヶ月を越えて45日目を迎えております。
ちょっと更新が遅くなったかな。

さて、前回のラストに書いた30日我慢して得られるご利益は

•行動力の上昇
•明るく前向きになる
•胸がドキドキする
•異性の友達が増える

だそうだが、実際はどうか。

行動力の上昇について。
よほど疲れていない限り、何らかの行動に対して前向きになったのは確かかも知れない。
「ちょっと映画館に行こう」とか「友達の誘いを断らなくなった」とか。
微妙な範囲で気力が萎えなくなったのかな、と思う。
ここら辺はとても良い事じゃないだろうか。
あ、別にオナニーしたいから映画館行かないとか、オナニーしたいから友達と遊ばないとか、
そんなんじゃないぞ!断じて違うぞ!
「……うーん、ちょっと今日はいいかな」って思わなくなったって事だ。

明るく前向きになったかどうか、については微妙だな。
元々楽観的な根暗野郎なのだが。
ただ、ギャグを飛ばす回数は上がったきがする。
しかし、ギャグのウケ打率は少し下がったかも知れない。
まぁそんな事は大した問題ではなかろう。
下ネタが増えたのは良く無いかも知れないけどね。

胸がドキドキする、と言う事に関してはどうかな。
可愛い女性であるとか、美しい女性を見て素直にドキドキするようになったかも知れない。
それは春情込みであるので、いささか不純なのかも知れないけどさ。
ただ喰う量が増えた気がするので、単純にデブって動悸息切れしているのでは?とも思う。
ここら辺はメディカルチェックしている訳じゃないから判断微妙だなー。
少なくとも、前より悪くなったとは思わないね。

異性の友達が増える、に関してもな。
いきなり増えた感じもしないのは当然だ。
まぁ今後に期待しておくしかあるまい。

さて、それとは別に自分で気付いた事を書かねば記事になるまい。

オナ禁五日目とかは酷く苦しかったと書いたが、それ以降は性欲のコントロールが割と素直に出来た。
ただ、ネットでエロ画像や動画を見る行為が止む事は無かった。
NoFapの目的の一環に、「ネットポルノ中毒の改善」と言うものが挙げられている。
メリケンのネットポルノ中毒はなかなか凄いらしく、その時間を他に向ける事があるとか。
俺の場合は、オナニーをする為くらいでしかネットポルノ閲覧はしなかったんだけど、
この日課と言うか作業を辞めてから、オナニーしないのにネットポルノを見る時間が出来てしまった。
これではダメじゃないか!

……そんな風に思っていたら、ですよ。
「そんな風に考えていた時期が僕にもありました」。
28日目くらいを境に、急に性欲が減少してしまったんですよ!
ネットポルノ閲覧などの、「積極的なエロの接種」をしなくなったんですね。
勿論、エロに触れれば勃起はするんだけれども。(ペレになったとかじゃなくて良かった
エロい妄想とかもするんだけれども、エロ情報や媒体に能動的に関わる事をしなくなった。
これは面白い変化だな、と思う。

肉体が、射精出来ない事を察知して性欲へのエネルギー配分を減らしたのだと思われる。
その順応は面白いな、と思った。

さて、俺自身オナ禁をしてはいるが、セックスをする相手がいない訳じゃ無い。
(彼女だったりお店の女の子とかじゃないんだけどね)
彼女持ちの男子でオナ禁している方もいるんじゃなかろうか。
ソープなんかに行く人もいるでしょう。
ここで問題なのは、「セックスはして良いのか?」と言う事じゃないだろうか。

オナ禁、NoFapは基本的に一人でする、自慰行為を禁ずるものであって射精は禁止していない。
夢精しちまったら仕方無いしね。
自慰行為で射精をする、と言う事を禁じているのである。
じゃあセックスは良いんじゃね?

っつー訳でセックスしたんだけどさ。
射精の時にね、なんかマンガ見たいに出てちょっと笑っちゃったぜ。
まぁ水っぽいって感じだったけどな。

だけどよォ、またそっからが問題なんだよ。
そりゃ次の記事で書く事にするぜ。