女子大生コラム『ロスト』

 

こんにちは。女子大学生のtomです。今回はもう一つのロストについてお話します。もう一つのロストって?と思う方いることでしょう。それは、アナルセックスの体験です。(先に断っておきますが、これから以降体験談になりますので、アナルセックスに嫌悪感を抱く方はご注意ください。)

私は、付き合って2か月後に2度目のロストを体験しました。アナル…この言葉はいわゆる「女性向け」の二次創作の用語として認識していたので、完全に男性同士の恋愛、性行為として受け止めていました。一般的にはしないようですが、それを知ったのはあとになってからでした。

さて、ある日の夜、いつものようにホテルで行為を楽しんでいたところ、彼が何か違うところを刺激してきます。よく分からず戸惑っていると、今度は口でせめられ、違和感は最高潮に達しました。とにかく、いつもと違うところ、アナルをせめられていると気付くと(すぐに分かったのですが)、恥ずかしくて仕方ありませんでした。無論、シャワーを浴びた後ですし、汚いというわけではありません。(中には汚いと思う方もいると思います。私もその時は汚いと思いました。)後日、また同じところをせめられ、しばらくした後挿入されました。これまで以上に強い刺激で、肛門付近に違和感(余韻というより「後遺症」)が残りました。あえて表現するなら、何かが出てきそうな(実際は出てこない)、でも中は強い挿入感があって弱っているというような…

さて、それからアナルセックスもたまには楽しむようになりましたが、いかんせん刺激が強いのであまりしません。ただ反応だけはしてしまうし、そこまで濡れてしまうことも多々あります。おすすめできるかは分かりません。「アナルと膣内では何が違うのか?」という点に関しては、膣内はこすれ感、アナルは挿入感が強い、と答えることにします。挿入するだけでいっぱいいっぱいという感じなのです。

楽しそう、興味があるけどやってみたことはないという方へ。じっくり開発しましょう。ロストはいつでもそうですが、無理はよくありません。特に、アナルの場合には強い挿入感を伴うので、慣れるまで痛いですし、違和感があると思います。どちらかが無理をすると楽しくなくなり、行為そのものも相手のことも嫌いになってしまうので、これくらいまではやってみよう、ここから先はまだやめてほしい、あるいは何回までにしておこう、と決めておくのはありだと思います。男性の方は、やってみたいという欲が出て、強引にことを進めてしまわないよう注意してください。そうでないと間違いなく女性に嫌われるので、ムードを作れるよう励んでください。最後に忠告ですが、アナルセックスをする際は、コンドームをつけましょう。もちろん普段からつけなければなりませんが、いろんな理由でつけない人もいるでしょうが、アナルと膣内の環境はとても異なるので、衛生的によくありません。また、アナルセックスで中出しをするのは避けてください。お腹が痛くなる、ひどい人はお腹を下すと言われています。

以上の点を踏まえて、未知の体験をしてみたい方はやってみてはいかがでしょうか?アナルは挿入するよりも、合わせ技で威力を発揮すると思うので、セックスの楽しみ方が倍増するかもしれませんよ。

 

参照ページhttp://www.lovecosmetic.jp/column/howto/anal.html(2013/4/8)