彼女が妊娠を告げて来た時の対処法 かのにん(1)

こんにちは。ニジムラリョーです。

「彼女が妊娠や生理の遅れを告げて来た!」
そう言う男性は少なくないはず。

そんな事、発生しないに越した事は無いが、
もし、万が一そんな事態が発生してしまった時でも、
落ち着いて対処出来る男を育てる事を目的として、
少しでもこの文章が助けになれば良いと思います。

あくまで参考だぞ。こうしろ、って話じゃない。
そもそも、こういう事態は避けるべきなんだ。

それじゃあいってみよう!
「彼女が妊娠を告げてきた!」シリーズ。
略して「かのにん!」

みんな~、やってるか!
昔、そういう映画がありました。
頭の中が「女とヤりたい!」でいっぱいの男が、どんどんイカれた行動に走る話です。
今も昔も、「モテたい」「ヤりたい」で男は迷走する。

ところが。

ヤったらヤったで色々ある。
その中でも、「生理が遅れている」「…妊娠しちゃったみたい」は一番の衝撃。
言われた事ある人、いますか?
あれは結構な衝撃ですよね。不意打ち、とも言うべきなんでしょうか。
いや、ヤってるんだから不意では無いか。

とにかく困る。困惑する、と言う方が正しいか。
男性のみならず、多くの男女が困る。
http://pilcon.jimdo.com/project/ アンケートより)
今回は僕が書くので、男性の視点から書いて見ようかな、と思う。

Google検索で「彼女 生理」と入力すると、色んなところで
「彼女の生理が遅れている!」「彼女に生理が来ないと言われた!」
なんていう案件が多発している模様が見て取れる。
実際に、そんな事を言われた事がある人が少なくない模様。

http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/eisei_houkoku/11/dl/kekka6.pdf
ここによると、平成23年度の人工妊娠中絶件数は20万件を越えている。
つまり、それだけ望まれぬ妊娠と堕胎が繰り返されている事になる。
そうならないに越した事は無いけれど、もしそうなってしまったら、
決してパニックにならず、冷静に対応出来る様にしておく事も重要だと思います。
心構えの問題だと思っているからね。

<男の思考回路の流れ>

さて、恋人に生理の遅れや妊娠を告げられたら、男はどうするか。
まず「あれ?ゴム付けたっけ?」「ちょっと生でヤったっけ?」って言う事を思い出す。
ヤった日々の事を思い出しつつ、「マジで?」の一言でちょっぴり時間を稼ぐ。
「最後にヤったのいつだっけ?」なんて事を思い出すかも知れない。

考えさせてくれ。落ち着け。素数をかぞえるんだ。

「ちょっと待った。安全日って言ってたよな?」
「ゴムしてたよな?」
「あれ、でもゴムしても避妊率って100%じゃないんだっけ?」
「遅れてる?どれくらい?あ、でも言われても生理周期知らないわ…。」
「待てよ、ちょっと待った。え?妊娠?」
「結婚…?」
…って考えるよね。

彼女が妊娠した事に関して、よほど決め打ちでもしていない限り、こう考えると思う。
事前に彼女と話をしていた場合は、考えるまでもない。
考えるまでも無いんだけど、やっぱり、ちょっと考えるよね。
その事実を受け止めるのに時間がかかる、と言う方が正しいか。
僕は、事前に女の子と話をしてたけど、やっぱりちょっと考えた。

<事実の確認をしよう>

ただ、何を考えようとも、重要なのは事実の確認。

「マジで?どれくらい遅れてるの?」
「あまり遅れないタイプだっけ?」
「ヤバいよね?もうちょっとで生理くる気配とかは?」

こんな事を聞いたところで、相手の女の子の生理周期を知っている男性陣は多くない。
知りたいと思っても、なかなか話せる事でも無いかも知れない。
しかし、である。
実際に生理が来ない、妊娠したかも知れないとなると、そうも言っていられない。
大変だ。生理が来ない。妊娠だ。子供ですよ、子供。

だからこそここで重要なのは、事実の確認である。
「生理が遅れている」「妊娠したかも知れない」
と言うのは、あくまで「現時点で生理が遅れている」「生理が来ない」と言う事で、
「今後来ない」訳でもないし、「確実に妊娠している」訳でもない。
なので、まずは事実を確認する必要がある。

最近の妊娠検査薬は、かなり精度が高い模様。
99%以上、と書いてある製品もあるようだ。
しかし非常に精度が高いとは言え、100%確実では無い。
一番確実なのは、産婦人科で確認する事だ。
産婦人科に行った事がある男性諸君は非常に稀なんじゃなかろうか。
この手の理由で通い慣れているのは、問題があるけれどね。
実際に、僕も行った事が無い。

<事実が確認出来た:ケース1 15週未満>

じゃあ例えば産婦人科に行って、事実が確認出来たとしよう。
生理は遅れている訳じゃなく、止まっている。
初期妊娠だ、と言う事である。
初期段階の妊娠とは、最終月経が始まってから15週目未満の状態を言います。

この定義、世界保健機関(WHO)の定義とされている。
しかし、色んなページを見てみたけれど、どこにもソースへのリンクが貼られていない。
WHO英語ページも見たけれど、ぱっと見で発見出来無い。
これはこれで問題なんじゃないだろうか?
情報の少なさは不安しか産まないよね。

さて、産婦人科に行って、妊娠が確定した。

「どうする?」

どうするも何も、産むなら産むで考えなきゃダメだ。
堕ろすなら堕ろすで早めに手を打たなければダメだ。
どちらにせよ金がかかる。生むとなったら、長いスパンで金がかかる。
結婚もしなきゃダメだろう。…ダメ、だよね?社会的に。

ここで分岐が始まるんじゃないだろうか。
「自分から答えを出す人」と「彼女の対応に合わせる人」に。
考えるところまでは一緒だと思う。
僕は考えた。凄く考えた。

第二回目以降、様々なケースに併せて、書いて行こうと思います。