少女と乙女と女とわたし(3)美しくなるために恋する女子の必須アイテム

性については考えたい、でも性について語るのなんてはしたない!

そんなふうに思っていて、正直、性についての知識に自信がない皆様。

少女だったあなたが初潮を迎えて、乙女になるときには、
「保健体育の先生」とか「お母さん」が教えてくれたのに、
乙女であるあなたが初Hをして「女」になるときについては、誰も教えてくれない…
そんな矛盾、感じていませんか?

今回のテーマは「恋する女子の必須アイテム」です。

●恋をしたら準備するもの

20130407-153013.jpg

恋をして、彼氏ができたら、やっぱり「魅力的な自分でいたい!」って強く思いますよね。
恋する女子は、美を気にして、立ち居振る舞いを気にして、人間関係を気にして…
結構気にすることが多くて大変です。

コスメに香水。ヘアアレンジ。でも今回は「恋する乙女のXデー」「初めてHをする日」までに
そろえなければならない必須アイテムを扱いたいと思います。

●女の子は「男の子のリードに従っていればいい」なんて嘘ばかり!

初体験を誰かとすでに経験済みのあなたも、未経験のあなたも、
なんとなく「Hは男がリードするもの」と思っていませんか?
けれど、よく考えてみて。たとえばこういうアイテム、男の子はちゃんとそろえているでしょうか?

【常識・知識系】
*正しい避妊の知識
*菌を近づけないあそこのさわり方
*女の子のからだの基礎知識

【Hアイテム系】
*コンドーム
*ティッシュ
*出血したとき用の換えの下着or ナプキン
*女の子の膣に指を入れるときのための、爪切り

【女の子アイテム系】
*男の子が避妊してくれなかったときの自衛手段(ピルや、万一のときの対応など)
*お風呂に入ったあとにメイクをしなおす、化粧類
*男の子を目で楽しませる、下着類

男の子が持っているのはせいぜい「ゴム」と「ティッシュ」までがいいところ。
他のアイテム(知識・アイテム)については、はっきりいって、期待できません。

●「美しい女の子」の見た目のための必須アイテムは?

美しい女の子は、皆に好かれるもの。
まず、「見た目」の美しさのために必要な主要アイテムは以下の通りです。

*メイクセット
*きれいな下着
*下着の替え and ナプキン

これらは説明しなくても、わかりますよね。
別人に化けるほどでなくとも、メイクはしたほうがかわいいことが多いし、

10代の女の子の場合は、薄く整える化粧下地に、
ブラウンのアイラインと、薄いチークくらいにとどめた方が
天然ぽく見えてかわいいことも多いです。

20代以上の女子も、口紅には要注意。
エロいイメージがありますが、彼の体にキスをしたりするときに、
赤い痕が残ってしまいます。(しかも、だいたいべっとりついて、あまりキレイではありません…)

下着はもちろん、できれば彼氏の好みを事前にリサーチして、そろえておきましょう。

下着の替えは、とくにHなことになれていない場合は、換えを用意しておいた方がよいです。
汚してしまったり、「濡れてしまって、後から同じ下着をはくと冷たい…」ということもあります。

さて、この3つは一般的な「美しい女の子」の「見た目」をつくるアイテムなのですが、
これに、以下の2つを追加したいと思います。

*爪切り
*歯ブラシ

意外に思われますか?
女の子だって、男の子の体のいろんな部分にさわることがあります。
敏感な部分だったり、背中だったり。
そんなときに、あまりにも長い爪だと、男の子だって痛いのです。

とくに、爪が長いと、せっかくつけたコンドームに傷をつけてしまったりすることもあります。
爪はあまりのばさず、また、できれば、切りっぱなしではなく、
先端をネイルバッファで磨くようにしておきましょう。
そうすると、指で触った感触もとてもソフトになり、ゴムをひっかけて破る危険性も低くなります。
(男の子は、「爪の先がなめらかである」ということが珍しくて、そこに女の子らしさを感じてもらえることもありますよ♪)

そして、歯ブラシ。
「私は男の子のアレとかアレとかにキスをしたりしないわ!」
(アレ、がなにかはご想像におまかせしますが)という方はまぁ、いいのですが、
女の子の身体が敏感で、雑菌の進入はできるだけ防いだほうがいいのと同じで、
男の子の身体も、雑菌の進入はできるだけ防ぐべき。
きれいに歯をみがいてから、キスや、Hな行為に入ったほうが、するほうも気持ちが楽になります。

あとは、事後の話。
「アレとかアレとかにキス」をしたあとって、
女の子側は気にしなくても、男の子側が
「アレとかアレとかにキスしたあとの口にキスをするのはちょっと…」とか
思うことも多いです。
(まぁ、その「アレ」とか「アレ」は彼自身のものなんですけどね…)
そういうときに、自分の歯ブラシを持っていて、さらに、ちょっと変わったフレーバー歯みがき粉とかで
すてきな味のキスをすれば、Hなことをした後のキスの満足度もあがります。

●「美しい女の子」に必要な教養は?

さて、見た目が美しくて、教養がない女の子と、
見た目が美しくて、教養がある女の子なら、どちらのほうがより愛されるでしょうか?

よく、男の人はバカな女が好き、といいますが、
そんなことはありません。男の人だって、信頼できるパートナーを求めているのです。

でも、男の人は、女の身体に関することは基本的には無知です。
当たり前といえば当たり前。だって、自分の身体ではないのですから、
「本で読んではみたものの、実感がわかない…」
「何人か経験はあるけど、ぶっちゃけその何人かのことしかわからない…」
という人がほとんどでしょう。

男の人がたとえ経験豊かだったとしても、
あなたの身体はあなたのもの。あなた以上に詳しくなれる人はいないのです。

「美しい女の子」は、まず、以下のようなことは最低限、知っているべきでしょう。

【危機管理について】
*自分が今、排卵前後かどうか?
*自分は、コンドームの付け方を知っているか?(つけてあげることはできるか?)
*もし、コンドームがやぶけたら、どうしたらよいか知っているか?(すぐに産婦人科に駆け込み相談することができるか?)
*自分の生理周期を把握しているか?(次の生理日の予測ができるか?)

【自分の身体について】
*自分の身体のどこに「穴」があるか知っているか?
*「穴」をさわるときに、後ろからさわったり雑菌が入ると病気(膀胱炎や雑菌による炎症など)になることを知っているか?
*自分が無理な体勢(たとえば、足を上に上げ続けるなど)をとったときに、痛くなったりツったりしないか?

【自分の気持ちと、相手との関係について】
*本当にその相手とセックスをしてもいいと思っているか?
*もし、妊娠や病気など困ったことがあった場合、その相手と自分は話し合いをすることができるか?
*もし、妊娠や病気があった場合、親に相談することができるか?(未成年の場合は、親の同意が必要となります)
*Hの最中に、自分がイヤなことがあったら、相手にそれを伝えられるか?
*Hの最中に、相手がイヤだといったら、自分はやめることができるか?

これらについては、知っていて当たり前のことなのですが、
意外と、知識を身につけたり、あらためて確認することがないのも事実。
危機管理については、以下の記事を参考にしてみてください。

ただし、「自分の気持ち」「相手との関係」については
答えはありません。自分が考えて、答えを出すしかないのです。
でも、自分の気持ちについて、事前に知っておくこと、
できれば、Hをするまえに、彼とも気持ちを確認しておくこと、が「美しくない生き方」「楽しくないH」を
しないためのコツです。

さて、今回は「恋する女子の必須アイテム」を扱いました。
恋をすることは、乙女から女への階段を上ること。そろえなければならないアイテムも、
学ばなければならないことも多くあります。

これらのアイテムを集めて、そして自分なりの活用方法を模索しながら、
楽しく恋していきましょう!